ホーム > ビューティーコラム > 無理矢理抜くのはNG! 正しいセルフ脱毛の方法と注意点
ビューティーコラム

無理矢理抜くのはNG! 正しいセルフ脱毛の方法と注意点

無理矢理抜くのはNG! 正しいセルフ脱毛の方法と注意点

最近では脱毛サロンに行って全身脱毛をしている人が珍しくなくなり、またセルフ脱毛をしているという人もたくさんいるのではないでしょうか。

セルフ脱毛は自宅で気軽にできますが、やり方を間違えると毛穴を目立たせてしまったり、肌を傷つける恐れがあります。
正しいセルフ脱毛の方法を知って肌をいたわってあげましょう。

ビキニラインの正しいセルフ脱毛のやり方

ビキニラインのムダ毛は太さがあるので、無理矢理抜いてしまうと毛穴を広げたり、炎症を起こして赤くなってしまいます。

まずは蒸しタオルを当てて毛穴を開き、毛を柔らかくしてからクリームやワセリンを塗り、肌を保護しましょう。
毛が長い部分はあらかじめはさみでカットしておき、下着や水着からはみだしそうな部分だけ電気シェーバーで処理していきます。
処理が終わったら、再度クリームやワセリンを塗って肌を保護しましょう。


ビキニライン脱毛ならスキンコスメ

ワキの正しいセルフ脱毛のやり方

ワキは、シワやくぼみができやすい場所ですので、処理するときは腕を反るように上げて皮膚の表面が平らになっている状態にしてください。
ビキニラインと同様に、毛を柔らかくしてクリームやワセリンで肌を保護してから、毛の流れに沿ってシェービングしましょう。

無理に毛抜きで抜いたり、力を入れて処理してしまうとワキの黒ずみや肌荒れの原因になります。
処理した後は冷やして保湿をすることが大切です。


ワキ脱毛はいつがベスト?

顔の正しいセルフ脱毛のやり方

鼻の下や顎なども、定期的にセルフ脱毛したい部分です。顔のセルフ脱毛をする前には、化粧水で肌を潤して乳液やクリームを下から上に向かって塗っていきます。
これは、剃っておきたい産毛を逆立てるためです。剃るときは、顔の上から下に向かって剃っていきます。

顔の皮膚はとても敏感なため、同じ場所を何回も剃らないようにしてください。
処理が終わったら、冷たい水や濡れタオルで肌を冷やし、化粧水や乳液などで肌を保護します。


女子力に差をつける顔脱毛

セルフ脱毛の注意点

若々しい目元をキープ! 困ったクマのタイプを見極めよう

自宅でセルフ脱毛をする場合、お風呂で処理をするのは避けた方がいいでしょう。

体が温まって肌が濡れていると、角質層が柔らかくなります。
そのときにカミソリを当てると肌を守っている角質まで一緒に削ってしまうため、肌荒れを起こしやすいのです。
カミソリを使ってムダ毛処理をするときは、乾燥した肌にクリームやワセリンなどを塗って、カミソリがすべりやすい状態をつくるようにしましょう。

また、生理前や体調を崩しているときは肌も敏感になっていますので、セルフ脱毛は避けたほうがいいでしょう。
いずれも大切なのは「ムダ毛処理をしたあとは必ず保湿をするということ」です。

冷たい水や冷却ジェルなどで処理した部分を冷やして毛穴を引き締めたあと、ローションやクリームでしっかり保湿をしてあげることを忘れずに行い、美しい肌を目指しましょう。


ビキニライン脱毛ならスキンコスメ

ワキ脱毛はいつがベスト?

女子力に差をつける顔脱毛


TOPへ