ホーム > ビューティーコラム > 目の下に色素沈着を起こす3つの原因
ビューティーコラム

目の下に色素沈着を起こす3つの原因

目の下に色素沈着を起こす3つの原因

目の下に色素沈着が出来ると、茶ぐま(茶色いくま)となって顔の印象を暗くしてしまいます。
シミとして見られるのも、くまとして見られるのも周囲に不健康な印象を与えますから、早く解消したいものですね。

ここでは、目の下の色素沈着の原因とその対策を紹介します。

メイクの洗い残しやメイクかぶれ

アイメイクのマスカラ、アイシャドーが落としきれていないと、色素沈着が起こります。

また、化粧品が肌に合っていない場合は、肌がかぶれてしまうこともあります。かぶれ部分の肌がくすんで色素沈着となり、茶ぐまにつながります。
メイクによる色素沈着を防ぐためには、まず肌に合った化粧品を使いましょう。
肌への刺激が弱いオーガニック製品を使うのもおすすめです。

また、少しでも肌への刺激を感じた場合は、すぐにその化粧品の使用はやめましょう。
メイクを落とす際は肌を強くこすらず、優しく指でクルクルとマッサージするようにします。
マスカラなど落ちにくいアイメイクは、アイメイク専用のメイク落としを用意し、綿棒やコットンを使い優しく落としましょう。

乾燥肌による色素沈着

肌の中でも、目の周りは特に乾燥しやすい部分です。
寒い時期ばかりでなく、花粉などで目の周りに刺激が加わると、肌は乾燥しやすくなるため注意が必要です。
乾燥肌の状態が続くと肌の血行が悪くなり、色素沈着による茶ぐまができやすくなります。
さらに、乾燥した部分に紫外線による刺激が重なると、くまはどんどん悪化します。


目の下の"色素沈着"を撃退!

このような色素沈着を防ぐためには、徹底した保湿が大切です。
目の周りには、アイクリームを使用したり、美白ケア成分が含まれた化粧水や乳液をケアに使用するのも効果的です。
毎日の保湿などの肌ケアで茶ぐまは少しずつ改善されていくでしょう。

また紫外線による刺激を最小限に抑えるためには、目の周りも忘れずに日焼け止めを塗るように心がけましょう。


目の下のクマを注入だけでなおす!

加齢による色素沈着

目の下に色素沈着を起こす3つの原因

年齢を重ねるうちに色素沈着が起こりやすくなっていきます。
皮脂の分泌量が減る、代謝が悪くなる、肌のターンオーバーが遅くなるなど、理由はさまざまです。
本来であれば、肌のターンオーバーと共にメラニンも排出されるのですが、ターンオーバーが鈍ることで、メラニンは残りやすくなってしまいます。

メラニンを残さないようにするためには、美白ケア化粧品を使いましょう。
毎日のケアで少しずつ色素沈着が起こりにくくなっていきます。

またビタミンCの多いフルーツや野菜を食べて、身体の内側からケアすることも大切ですよ。
アボカド、キウイ、イチゴなどビタミン豊富な食べ物は積極的に食べましょう。

色素沈着による茶ぐまは、メイクが原因になることも、乾燥肌や老化が原因になることもあります。
メイクをきれいに落として、保湿などの肌ケアをしっかり行い、色素沈着を防いでいきましょう。
毎日の努力できれいな肌がキープされますよ。


目の下のクマが一瞬で元気に


TOPへ