ホーム > ビューティーコラム > こんなにある!意外と知らない二重の種類 
ビューティーコラム

こんなにある!意外と知らない二重の種類 

こんなにある!意外と知らない二重の種類 

女性なら誰もが憧れる、ぱっちりとした二重まぶた。

「自分の目がこうだったらいいのに」と毎日鏡とにらめっこしたり、よりきれいな二重になれるようにメイクを研究している人も多いですよね。
実は、二重には大きく分けて5つもの種類があるのです。

今回は、意外と知らない二重の種類についてお話いたします。

●末広型二重

末広型二重は、目頭から目尻にかけて、二重の幅が広がっている二重です。
日本人に多く見られる二重でもあり、自然ですっきりした印象が特徴です。

末広型二重は、東洋人をはじめとするモンゴロイド系人種の目に見られる「蒙古ひだ」という部分によって、その形がつくられます。

そのため、一般的に西洋人には見られない二重の形なのです。
末広型二重の方には、しっかりとしたメイクよりもナチュラルメイクがオススメです。
清楚でさわやかな印象を与えることができますよ。


末広型二重埋没法はこちら

●幅の広い並行型二重

幅の広い並行型二重は、太めの幅で目のカーブに沿って線をかたどる二重です。
大きなぱっちりとした目が特徴で、世界的にも多くみられる二重の種類です。

幅の広い並行型の二重は、しっかりしたアイメイクやつけ睫毛をすることにより、より華やかな印象になります。
一方ですっぴんになった時、日本人には珍しいタイプの二重であるため、「整形では?」と疑われてしまう可能性もあるようです。

でもそれは反対に、美容整形などでも人気のある、みんなが憧れるタイプの二重であるということにもなりますね。


幅広の平行型二重埋没法はこちら

●幅の狭い並行型二重

幅の狭い並行型の二重は、細い幅で目のカーブに沿って線をかたどる二重です。

華やかな印象ではありませんが、控えめながらも自然で大きな目に見えます。
派手で華やかなアイメイクよりも、いわゆるすっぴん風アイメイクのほうが似合うのも、このタイプの二重です。

●ぱっちり二重

今からできる眼瞼下垂対策

並行型の二重で幅が広くも狭くもないタイプです。
黒目の全体が際立って見えるので、フランス人形のようなぱっちりした目になるのが大きな特徴です。

このタイプのまぶたの人がぱっちりした状態を保つためには、眼瞼の筋肉を鍛えることが必要となります。
日頃から表情筋トレーニングなどを心がけるようにしましょう。

●奥二重

 瞼によって二重が隠れている二重のことを「奥二重」と言います。
奥二重は一見すると、一重に見えるため、奥二重の方では自分が二重であることに気づかないこともあります。

奥二重の原因として、瞼の脂肪が厚いために、その重さによって二重の線が覆われてしまうことがあります。
さらに、二重自体の幅がとても細いために、二重が見えづらくなってしまうという理由も。
メイクの仕方や色を工夫することで、一重まぶたよりも簡単に大きくぱっちりした目に見せることができます。


末広型の奥二重法はこちら

いかがでしたか?
一口に二重と言っても、色々な種類があるのですね。
二重の形によっても、人に与える印象は様々です。
あなたも自分の二重の特徴を知って、メイク方法の参考にしてみてはいかがですか?


ただ二重にすれば可愛いのか?


TOPへ