ホーム > ビューティーコラム > 目元で老けて見せない! 集中ケアトレーニングでシワを解消
ビューティーコラム

目元で老けて見せない! 集中ケアトレーニングでシワを解消

目元で老けて見せない! 集中ケアトレーニングでシワを解消


年齢を重ねると、どうしても目元にシワが増えてきます。目元にシワが増えると、目が小さく見えたり、実年齢より老けて見えてしまうことも。
なぜ目元にシワができるのか原因を知り、目の周りの集中ケアトレーニングを行って目元のシワ対策をしましょう。

■目元のシワの原因は?
目の周りは、顔の中でも特に皮膚が薄い場所です。
そのため、乾燥しやすくシワになりやすいのです。

特に、アイメイクをいつもきちんとしている人は注意が必要です。
アイメイクを落とそうとオイルでゴシゴシ擦ってしまうと、さらにシワはできやすくなります。

さらに、紫外線対策や保湿ケアでも、目元は手を抜いてしまいがち。
きちんと保湿ケアしているつもりでも、瞬きなどによりどうしても乾燥しやすいのです。
また、パソコンやスマホを使っている時間が長く、目が疲れている状態が長く続くとシワにつながります。

■目は毎日しっかり休めてあげる
テレビやパソコン、スマホの画面を見ている時間が長い現代人の目は、疲れが蓄積した状態になっています。

また、コンタクトを使用している人は目が乾燥してしまうのはもちろん、目の周りを触ることも多いため、さらに目に負担がかかっています。
厄介なのは、たとえ目が乾燥していると分かっていても、目を覆って外出するわけにはいかないこと。

そこで、毎日酷使している目を、しっかり休ませてあげることが大切です。
1時間パソコンの画面を見たら5分間休憩する、1日の終りにホットタオルを当てて目の周りを温めてあげるなど、目を休めることが目元のシワ防止につながります。

■目元の集中ケアが大切
乾燥ジワの予防をするには、しっかり保湿をしてあげなければいけません。

皮膚が薄く乾燥しやすい目元には、保湿効果の優れたコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが含まれているものを選びましょう。
市販されているシートマスクに美容液を染み込ませ目元をパックし保湿するのがお勧めです。
このときマッサージしたくなるかもしれませんが、強く押したりすると逆効果になってしまうので注意が必要です。
シートマスクを置いてゆっくり浸透させるようにしましょう。

■目のトレーニングで目元のシワを防止する
目元のシワを防止、改善するためには、目の周りにある眼輪筋という筋肉を鍛えると良いと言われています。
眼輪筋が弱ってしまうと、目の周りにシワができやすくなるだけでなく、下瞼がたるんで目が小さく見えたり、老けて見えてしまうのです。

眼輪筋を鍛えるトレーニングは、3分ほどでできる簡単なものですから、ぜひやってみてください。

眼輪筋トレーニングのやりかた

目元で老けて見せない! 集中ケアトレーニングでシワを解消


まず、目頭に中指、目尻に人差し指をあてます。そのまま上を見て目を細め、20〜30秒ほどキープします。
このとき下瞼に力が入るように意識しましょう。
これを3セットずつ、朝晩やるだけです。

笑いジワは幸せの証でもありますが、乾燥や目の疲れによる小ジワは老けた印象を与えてしまいます。
目元の保湿と合わせて眼輪筋のトレーニングを行い、若々しい目元をキープしてくださいね。


目尻のシワを即効改善 ボトックス

目周りの小ジワを長期改善 W-PRPζ(セルリバイブジータ)療法

CRF(コンデンスリッチファット)療法


TOPへ